もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から

  • 絵本
絵: カトリーン・ブラント
訳: 藤本 朝巳
出版社: 平凡社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784582834598

A4変型判・24頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

よく知られたグリム童話の一編を、親しみ深い絵と読み聞かせにぴったりの訳文で絵本化。
『こびととくつや』など、グリム童話の絵本化に定評のあるドイツの画家が描き下ろした最新作。



ベストレビュー

不安の黒

知っている童話にしては、絵といい文章といい、重厚で心理描写の深みを感じる絵本です。
表紙から始まる基調の黒は、二人の不安を克明に表現しています。
シルエットをかすかに見せるだけの両親は、親の愛情のなさを表現しています。
原文はわかりませんが、藤本朝巳さんの淡々と語り口調でつづられる文章はドライで、ブラントさんの絵をさらに効果的にしていると思います。
白と黒の対比が、解放と束縛、幸せと不幸を語っています。
子ども向けというよりも、大人向けの「ヘンゼルとグレーテル」でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カトリーン・ブラントさんのその他の作品

漁師とおかみさん グリム兄弟の童話から / こびととくつや

藤本 朝巳さんのその他の作品

絵を読み解く 絵本入門 / 松居直と絵本づくり / 子どもと絵本 / ベーシック絵本入門 / たのしい どうぐばこ / リンゴのたび



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット