ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブックの試し読みができます!
作: デビッド・マッキー  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
おうちでじっくり探し絵!
りおらんらんさん 40代・ママ

楽しいですね
娘が小さいときに何度も読んだぞうのエル…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
トロットおばさんとねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トロットおばさんとねこ

作・絵: ポール・ガルドン
訳: 岸田 衿子
出版社: 佑学社

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「ハーバートばあさんといぬ」に似てます。

この絵本はポールガルドンの昔話絵本シリーズ5です。
邦訳は岸田衿子さんでした。
実はこれ、どうしてもポール・ガルドンの作品を全部見たかったので、図書館で検索して借りてきたもので、背表紙がついてなくて、どこの国の民話(昔話)なのかもわかりません。
ただ、後で紹介しますが、マザー・グースの詩をもとにして作った「ハーバートばあさんといぬ」に酷似した作りなので、
マザーグースの詩を聞いたヨーロッパのどこかの地方で、勝手に生まれた物語か、マザー・グースがどこかの地方に伝わっている話を詩にしたのかもしれませんね。
昔ばなしは調べていくと、ホントに奥が深くて…。

なので、とても詩的なリズムの作りになっています。
日本でいうと言葉遊びみたいな感じですね。
ストーリーらしいストーリーはありませんが、ポール・ガルトンが描くおばさんと猫のやり取りがなかなか楽しいです。

小学校中学年以上のお子さんにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子10歳)

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!

ポール・ガルドンさんのその他の作品

3びきのくま[新版] / うさぎとかめ / ふくろのなかにはなにがある? / ひよこのコンコンがとまらない / やぎのブッキラボー3きょうだい / いたずらこねこ

岸田 衿子さんのその他の作品

岸田衿子の詩による無伴奏男声合唱曲 うたをうたうのはわすれても / メアリ・ポピンズ / 赤毛のアン / ねこどけい / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13>


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 総記 > トロットおばさんとねこ

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

トロットおばさんとねこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット