しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぞうくんのおおかぜさんぽ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぞうくんのおおかぜさんぽ

作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぞうくんのおおかぜさんぽ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784834025477

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
27X20cm・32ページ

出版社からの紹介

長年読み継がれている『ぞうくんのさんぽ』シリーズ3作目です。
簡潔な文章とシンプルな絵で、子どもたちの想像力をかきたてる、ぞうくんのおはなしです。
今回は大風の中を散歩します。ぞうくん・かばくん・わにくん・かめくんの動きの違いを、
子どもたちと一緒にお楽しみ下さい。

ベストレビュー

おぼえやすい言葉と絵

息子が1歳半の頃読み始めました。
他の本ほど繰り返し読んだ覚えはないのですが、
1歳7カ月のころにはほとんど暗記し、
自分でページをめくりながら本を読んでいます。

ゾウやカバ、ワニ、カメなど息子の好きな動物が
出てくるのも魅力なのかもしれません。
また、ダイナミックに転んだり、
水に落ちたりするところも面白いようです。

おおかぜなので、私が「風がびゅうびゅう吹いてるのかな」と
言ったら、息子はこの本を開くときに風を手でなぞって
「びゅーびゅー」と言います。
お天気の違いも楽しめそうなので、
他のシリーズも読んでみようと思っています。
(空色のかわうそさん 30代・ママ 1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

なかの ひろたかさんのその他の作品

おしりをふく話 / てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ / なきむしおばけ / なきむしおばけ / ひとりぼっちのりんごのき / かみなりゴロスケ



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

ぞうくんのおおかぜさんぽ

みんなの声(66人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット