話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
大海の光 ステフィとネッリの物語

大海の光 ステフィとネッリの物語

  • 児童書
著: アニカ・トール
訳: 菱木 晃子
出版社: 新宿書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784880083988

46判/316頁/上製

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

スウェーデンの人気児童文学作家の代表シリーズ、4部作の最終作。

1945年5月、ベルリンが陥落。ついにヨーロッパの戦争は終わり、スウェーデンの港町、イェーテボリでも平和の訪れを人々は心から 喜んでいた。だがウィーンからやってきたユダヤ人姉妹ステフィとネッリには、もはや帰る家はなく、父親の安否も知れない。 異国の地で、養親や友人たちに支えられ、逆境を乗り越えて、大きく成長した二人。 ステフィは町の高校を、ネッリは島の小学校を卒業。不安な思いを抱きつつ、新しい一歩を踏みだそうとする二人の 本当の居場所は、どこにあるのだろうか?

〈ステフィとネッリの物語〉シリーズ誕生に込められた著者の思いとは??。
書き下ろしによる解題を日本版オリジナル「著者あとがき」として収載!

ベストレビュー

戦争は終わったけれど。

我が子にも、小学校高学年〜中学校くらいのうちに読んでほしいシリーズに思います。
多感で大切な時期を家族と暮らせない女の子たち。
もし戦争がなかったら・・・ユダヤ人ではなかったら・・・また違っていたでしょう。
折り合いをつけながら自分が置かれた環境下でそれぞれ成長していった女の子たち。
戦争が終わっても、そこですべてが平和で穏やかな日々に戻るわけではないことを改めて感じます。
でも、その中にもどこか人の温かさと未来への希望も感じられるようにも思いました。
これからの人生が明るく幸あるものでありますよに。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アニカ・トールさんのその他の作品

ステフィとネッリの物語(全4巻セット) / 海の深み ステフィとネッリの物語 / 睡蓮の池 ステフィとネッリの物語 / 海の島 ステフィとネッリの物語

菱木 晃子さんのその他の作品

おじいちゃんとの最後の旅 / 名探偵カッレ 地主館の罠 / ライオンとタカとアリになった男の子 ノルウェーのむかしばなし / 名探偵カッレ 城跡の謎 / ピッピ南の島へ / ピッピ 船にのる


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 大海の光 ステフィとネッリの物語

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

大海の光 ステフィとネッリの物語

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット