まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
この船じごく行き
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

この船じごく行き

  • 児童書
作: 山中 恒

本体価格: ¥1,200 +税

「この船じごく行き」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784652021521

小学中級〜中学生向

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ちょっとした家出のつもりが,船で大海原へくり出すことに…。重大な秘密のかくされたその船でくり広げられる少年の決死の冒険。

ベストレビュー

スピード感のあるサスペンス!

【内容】
 夏休みが始まったばかりなのに、自宅のテレビを壊してしまったカズヤ。家族に叱られるのが嫌で、家出をすることにした。丁度、友達のマコトがスケッチをしに誘ってきた。マコトに連れていかれたのは、立ち入り禁止の港。こっそり忍び込んで絵を描いていると、見知らぬ男が近づいてきて…
小学校4年生の男子二人が繰り広げる昭和レトロな冒険劇。逃亡の果てには、国際的な詐欺事件が待っていた。
装画:木内達郎 (理論社:中山恒よみもの文庫 2)
底本:1976年 文研出版

【感想】
自分が小学生のころ、流行った児童文学。その時は、タイトルが怖いので遠慮してしまった。四十を目前にして、ようやく勇気を出して読んでみた。物語が書かれた70年代ごろ(もっと前?60年代かもしれない)の設定なので、小道具が昭和レトロ感満載だが、そんなことは全く気にならず、一気に読み切ってしまった。
とにかく物語の展開が早い!あっという間にいろんな事件が起きる。無駄な部分をそぎ落とした簡潔でわかりやすい文章で、情景も人物の心理も、性格も、なんでも全部想像できてしまう。読みやすく、わかりやすく、面白く、ハラハラドキドキさせてくれる、すごい冒険物語。ちょっと昔の日本を舞台にしているので、現役の「お子さん」はややわかりにくいかもしれないが、読み始めてしまうと、面白いのではまってしまう。
「昔はテレビはブラウン管といってねぇ…」と当時を知っている大人は、お孫さん?あたりに懐かしい思いいっぱいで説明してあげる楽しみもアリかも。
ブラウン管を見たことがない若いパパ&ママは、まずはネットあたりで調べてもらうといいかも。もう小学生くらいなら、自分で調べられるかな。便利な時代になりましたなあ…(感慨深い)。だから、私もどんどんババアになりますねぇ…(遠い目)
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山中 恒さんのその他の作品

(101−1)まま父ロック / 角川つばさ文庫 ママは12歳 / あばれはっちゃく ツーかい編 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家



>絵本エイド ―こころにひかりを―

この船じごく行き

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット