話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
星新一ショートショートセレクション(10) 重要な任務

星新一ショートショートセレクション(10) 重要な任務

  • 児童書
作: 星 新一
絵: 和田 誠
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年03月
ISBN: 9784652020906

小学上級〜中学生向
B6 194ページ

出版社からの紹介

“組織”の幹部から指令がきた。めずらしく重要な任務らしい。おれと同僚ははりきって旅に出た。ところがその先には…。ほかに14話。

ベストレビュー

社会や個人の妙な習性が面白い短編に

新潮文庫「さまざまな迷路」(1983年)、「かぼちゃの馬車」(1983)、「どんぐり民話館」(1992)を底本に、15の短編を収録。
スパイや犯罪、SF、神話、日常生活や身近なものをテーマにした不思議で面白い。読み終わった後に少々考えさせられるような印象深い話も多く、大人も楽しめる。

社会の問題を連想させる話が印象に残った。
ロボットに税金や人権を適用させるかどうかでもめる話は、新しい技術が開発されて普及することによって、社会の仕組みが変わったり、新しいタイプのもめ事が発生したりすることを連想させるた。
今、インターネトを使った誹謗中傷などの人権侵害、犯罪などが頻発して話題になっているが、この本の話のように、いつかは人間に近いコンピューターがいろいろと問題になるのかもしれない。

テレビ局の建物に入った人が出られなくなる「出口」という話では、事件が起きて混乱していく人や、好奇心で野次馬をしに来た人の愚かな顛末、騒ぎが大きくなっていく様子が生々しい。
ちょっとした好奇心や、後先考えないで行動した結果、無駄に事態が悪化していく様子は、どこにでもありうる。筆者は冷静に、社会の動きや人の心の変化を観察している。

どれも30年くらいは前に書かれた作品なのに、古さを感じさせない。人間の普遍的な愚かさや、心のありようをテーマにしているからだろうか。妙にリアルだ。都市伝説系の怖さもある。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

星 新一さんのその他の作品

破滅篇 白い大陸が燃えるとき/ひとつの装置 / あれこれ好奇心 / きまぐれエトセトラ / 友を失った夜/とりひき / おーい でてこーい/鏡のなかの犬 / サーカスの旅/薬と夢

和田 誠さんのその他の作品

だいありぃ 和田誠の日記1953〜1956 / ことばの波止場 / わたしのベスト3 作家が選ぶ名著・名作 / 装丁物語 / 密林一きれいなひょうの話 / あいうえどうぶつえん


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 星新一ショートショートセレクション(10) 重要な任務

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

星新一ショートショートセレクション(10) 重要な任務

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット