話題
PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?

PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?(フレーベル館)

大人気アニメ「PUI PUI モルカー」が絵本になりました!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
パディントンロンドンとうへ

パディントンロンドンとうへ

作: マイケル・ボンド
絵: フレッド・バンベリー
訳: 中村 妙子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥858

「パディントンロンドンとうへ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1977年
ISBN: 9784032070507

ベストレビュー

ロンドン塔のカラス

息子がパディントンのファンになったので、あちこちの出版社から出ているシリーズを借りては読んでいます。

この巻では、パディントンが仲良しのグルーバーさんと、ブラウン家のジュディーとジョナサンと一緒にロンドン塔を訪ねます。

ロンドン塔に住み着いているカラスが話題となっていて、パディントンの持参したマーマレードのサンドイッチが事件のきっかけとなるのですが・・・。

パディントンの起こす事件はどれも楽しいものなのですが、ロンドン塔とカラスの関係を背景として理解しないと楽しめないような気がしました。翻訳絵本の難しいところですね。息子も、話の筋がわからなかったようで、1度読んだきりになってしまいました。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子3歳)

出版社おすすめ


マイケル・ボンドさんのその他の作品

パディントンのてんらんかい / 人形の家にすんでいたネズミ一家のおるすばん / オルガとボリスとなかまたち / モルモット・オルガの物語 / パディントン、テストをうける / パディントンのクリスマス

フレッド・バンベリーさんのその他の作品

パディントンのかいすいよく / パディントンサーカスへ / くまのパディントン / パディントンのかいもの / パディントンのにわつくり

中村 妙子さんのその他の作品

王女物語 エリザベスとマーガレット / バレエ・シューズ  / ふたりのエアリエル / 岩波少年文庫 消えた王子 (上) / 岩波少年文庫 消えた王子 (下) / 聖夜のおくりもの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > パディントンロンドンとうへ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

パディントンロンドンとうへ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット