新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ドキドキ! イソップ物語

ドキドキ! イソップ物語

  • 絵本

出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ドキドキ! イソップ物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784652015384

小学初級〜上級向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「北風と太陽」「ウサギとカメ」「アリとキリギリス」など,イソップ童話で語られているおはなしをまんがでわかりやすく紹介します。

ベストレビュー

不変の真実、普遍のギャグ

紀元前6世紀、ギリシャに実在したアイソポスというお話の上手な人が語った小咄をまとめたのがイソップ物語だ、とか。
誰もが知っているだろう物語をギャグマンガの風景で表現した楽しい一冊。北風と太陽、ウサギとカメなど11話。
巻末には筆者の独自の見解「イソップお笑い芸人説」。

詳しい資料が残っていないが、イソップ氏は奴隷の身分だったそうで、娯楽の少ない時代に体を張って楽しい話芸を提供した素敵な人だったらしい。
物語の世界を楽しく演出するために、いろんな工夫がしてあって、漫画家の素晴らしい仕事が体験できる。2600年ほど前の世界と、2006年の現代を行き来するイソップ氏と共に、時代も地域も越えた普遍的な真理とギャグを味わえる。人間は結局、愚かなままで何一つ進化していないのかもしれない…とつくづく思う。たとえインターネットやスマホができて、女性が社会に出るようになって、国際的な活動が増えたとしても、個人の性質(例えばワガママさや、世間知らずなど)は同じ。だからこそ、今でも読み継がれているのだろうと、改めて思った。

時代も地域も違うと、話の内容が想像できないので、このように漫画やわかりやすい工夫がしてあると、非常に読みやすい。
子ども向けだが、こういう風に古典作品をわかりやすくしていろんな本をこの漫画家先生に描いてもらいたいっ!と心底思う。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国歴史 > ドキドキ! イソップ物語

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

ドキドキ! イソップ物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット