新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
太陽の子〈文芸書版〉

太陽の子〈文芸書版〉

  • 児童書
作: 灰谷 健次郎
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784652071540

小学中級〜一般向
四六判・406ページ

出版社からの紹介

悲しみの果てから希望の海へ…。沖縄のこころをとおして生きることの尊さと人と人とのやさしさとはなにかを問う新しい国民文学。

ベストレビュー

色々考えさせられる深い1冊。

心の傷・差別・命について・・・色々なことを考えさせられる深い1冊に思いました。
優しさって何だろう、人は人にどう接していけばいいのだろうか。
本を通して色々な立場の人たちについて、想い考えることも、何かのきっかけになるのではないでしょうか。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…

灰谷 健次郎さんのその他の作品

ひとりぼっちの動物園 / 角川つばさ文庫 兎の眼 / 我利馬の船出 / 子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく / なんやななちゃん なきべそしゅんちゃん / 先生はシマンチュ一年生


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 太陽の子〈文芸書版〉

2月の新刊&オススメ絵本情報

太陽の子〈文芸書版〉

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット