しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくはアフリカにすむキリンといいます
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはアフリカにすむキリンといいます

  • 児童書
作: 岩佐 めぐみ
絵: 高畠 純
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2001年06月
ISBN: 9784035010401

8〜9歳 編集部おすすめ

年齢別絵本セット&学年別児童書セットの小学2年生向けベストセレクション

出版社からの紹介

たいくつなキリンが手紙を書いた。受け取ったのはペンギン。ペンギンの姿を知らないキリンは手紙を読んで想像をふくらませます。

ベストレビュー

想いをめぐらす

アフリカにすむキリン君が、退屈しのぎに手紙を出すことを思いつきます。
相手は郵便屋さんのペリカン君が地平線のはしで最初に会った動物です。。
その相手であすペンギン君との奇妙な文通が、読んでいるこちらをくすっとさせます。
テレビも写真もネットもないですから、手紙でしか相手を想像できないのですからね。

キリンとペンギンの違いについて、動物好きの子なら深く考えるかもしれません。お手紙好きな子なら、誰かに手紙を書いてみたくなるかもしれない。
お互いを思うわくわくした気持ちっていいなあと、読んでいてほのぼのしました。

次男が自分で借りてきた作品ですが
シリーズがあるようなので、次男に教えてあげようと思います。
(きゃべつさん 40代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩佐 めぐみさんのその他の作品

手紙がつなぐとびっきりの友情! 『クジラ海のお話』 / ぼくは気の小さいサメ次郎といいます / おいらはコンブ林にすむプカプカといいます / オットッ島のせいちゃん、げんきですか? / わたしはクジラ岬にすむクジラといいます

高畠 純さんのその他の作品

ほらふきカールおじさん ロシアのたび / フンころがさず / 石津ちひろ&高畠純の ことばあそび絵本(全4巻) / 大型絵本 わんわん わんわん / パンダしりとり コアラしりとり / 白狐魔記 天保の虹


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > ぼくはアフリカにすむキリンといいます

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

ぼくはアフリカにすむキリンといいます

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット