虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
とりになったきょうりゅうのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とりになったきょうりゅうのはなし

作・絵: 大島 英太郎
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とりになったきょうりゅうのはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784834025545

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
26X24cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

絶滅したと思われている恐竜、実は姿を変えてあなたのそばで生きています。
それは、なんと鳥なのです。近年、発掘が相次ぐ羽毛恐竜の化石から、恐竜と鳥の謎に迫ります。

ベストレビュー

進化のお話

小さな恐竜が、木に登ったり、空を飛べるようになったり・・・
長い長い時間をかけて、進化し、現代の鳥の祖先になった、というのが、分かりやすく描かれています。

ただ、読んでいると、恐竜は全部鳥の祖先・・・という風にも読めてしまうのですが、おそらくそういう訳ではありませんよね。
「鳥になった」だけでなく、いろいろな生き物の祖先の可能性がある、という広がりが、どこかに一文でもあると、もっと興味が広がるのではないかと思いました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大島 英太郎さんのその他の作品

きょうりゅうのおおきさってどれくらい? / 羽毛恐竜 恐竜から鳥への進化 / きょうりゅうの おおきさって どれくらい? / むかしむかしとらとねこは… 中国のむかし話より / うみやまがっせん / みぢかなとりのずかん



>絵本エイド ―こころにひかりを―

とりになったきょうりゅうのはなし

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット