どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
とりになったきょうりゅうのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とりになったきょうりゅうのはなし

作・絵: 大島 英太郎
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とりになったきょうりゅうのはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784834025545

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
26X24cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

絶滅したと思われている恐竜、実は姿を変えてあなたのそばで生きています。
それは、なんと鳥なのです。近年、発掘が相次ぐ羽毛恐竜の化石から、恐竜と鳥の謎に迫ります。

ベストレビュー

嬉しい気持ちになりました。

同じ作者の作品「きょうりゅうのおおきさってどれくらい?」が面白かったので、こちらも読みたいと思いました。
きょうりゅうが鳥に進化したというのは、聞いたことがありましたが、こちらを読むと、だんだんと鳥らしくなっていく過程がよくわかります。
長い時間をかけて、生きる残るために変化する恐竜。
現在にもきょうりゅうの祖先が生きていると思うと、なんだかとても嬉しい気持ちになりました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子12歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大島 英太郎さんのその他の作品

きょうりゅうのおおきさってどれくらい? / とりになったきょうりゅうのはなし 改訂版 / 羽毛恐竜 恐竜から鳥への進化 / きょうりゅうの おおきさって どれくらい? / むかしむかしとらとねこは… 中国のむかし話より / うみやまがっせん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

とりになったきょうりゅうのはなし

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット