新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(32) モケモケ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(32) モケモケ

  • 絵本
作・絵: 荒井 良二
出版社: フェリシモ出版

本体価格: ¥1,286 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年05月
ISBN: 9784894325210

縦248×横188mm(B5変形サイズ)
上製本・32ページ 

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】“おはなし”を通して、たからものをたくさんお届けしたい

みどころ

フェリシモ出版の「おはなしのたからばこ」シリーズ32巻は、荒井良二さんのオリジナル絵本『モケモケ』。

「モケモケ モケモケ モケモケー モケモケー」
と、もこもこしたモケモケが集まってきた!
と思ったら、次のページでは
「みる さわる モケモケー」と、色々なものを見たり触ったりするモケモケ。
どんなものを触っているの? ちくちくしそうなもの、濡れちゃいそうなもの、長いもの、硬そうなもの……それぞれのモケモケたちの表情や触り方を一つずつ見ていくと、どんどん新しい発見があります。
さらにページを進めると、「なめる かじる モケモケー」と色々なものをかじったり、「おもい かるい モケモケー」と色々なものを持ち上げてみたり。
そしてついに、「モケモケーーー」と大きくはじけたかと思うと、くっついてつながって、モケモケのロボットに。歩いたり踊ったり騒いだりしているうちにモケモケの夜は更け、また新しいモケモケの朝が始まります。
モケモケモケモケモケ――
楽しいモケモケの絵本です。
ところで、「モケモケ」って一体何だと思いますか?
それはぜひ、実際にページを開いて感じてみてくださいね!

(洪愛舜  編集者・ライター)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(32) モケモケ

出版社からの紹介

おもい かるい モケモケー おもい かるい モケモケー
頁をめくるたびに、遠い宇宙にいるような、それでいて不思議な懐かしさと幸福感に、心がざわざわします。
幼児の感覚世界に入り込んだ、荒井良二さん新境地の作。
赤ちゃんのある時期は、五感が未分化で、音に匂いを感じたり色を感じたりすることもあるようです。人が
どんな感覚を残してどんな感覚と別れてゆくかが、自分でもわからない理由で何かを好きになったり選んだりする、
いわばその人の本質を形成してゆく根っこにあるのかもしれません。
「——もろ、感覚を扱ってみようと考えたのが、この絵本。
いろんな感覚が、あっちからやってくるわけですよ。で、散々遊んだあげく、いる感覚だけ残して、
入らない感覚はさよならーって、もう二度と会えない感覚とさよならするって絵本なんです」

(荒井良二さんより)
「モケモケ」というのは、感覚を表す荒井さんの造語ですが、赤ちゃんがきらきらと輝いているのは、
サヨナラする前のモケモケたちに包まれているからなのかもしれません。
そんな人間の宇宙にとびこんだ、壮大なスケールの絵本が生まれました。

ベストレビュー

0歳からの絵本に

モケモケー、モケモケー。
読み終えたあともしばらく
頭の中に「モケモケ、モケモケ」が残り
荒井良二さんの世界へ入ることができます。

登場するいきものの表情が豊かで
絵本を開くたびに新たな発見がある
飽きない絵本です。
(マドレーヌさんさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

こどもたちは まっている / あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ  / 水の絵本 / まめしば


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おはなしのたからばこワイド愛蔵版(32) モケモケ

今月の新刊&オススメ絵本情報

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット