宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うさぎのうさぼうときょーふのママだいおう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎのうさぼうときょーふのママだいおう

  • 絵本
作: ケイト・クリス
絵: サラ・クリス
訳: 灰島 かり
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うさぎのうさぼうときょーふのママだいおう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784072728567

幼稚園児〜小学校中学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おかたづけをしないでママに外出禁止をいいわたされたちびうさ。町にサーカスがやってくるのを知って、どうしても見に行きたいとママを説得しようとしますが、ママは聞く耳をもちません。がんばっておかたづけをしようとしたちびうさですが、がんばればがんばるほど、部屋はますます汚くなるばかり。あきらめきれないちびうさは、窓からこっそり抜け出して、サーカス団に弟子入りしようとします。でも、団長に、「なにかみんなをあっといわせられるような出し物」を要求され、つい「うちには世界一凶悪でおそろしいママ、名付けてママ・ヒドラがいるよ」とうそをついてしまいます。それがママにばれたからさあ、大変。ちびうさのうそを知ったママは……。細部まで描きこんだ愛らしい絵には、遊びがたくさんあって、見ていて飽きません。コミカルに、あたたかい親の愛情と親子の絆を描いた、とっても楽しい絵本です。

ベストレビュー

んもう!!

お母さんは本当に悪い人?

みんなに口うるさくて面倒な人?

そう思うか思わないかは

それぞれだと思いますが、

お母さんを悪者にしてはいけない

と思います。

だっていつだってあたなの味方。

ライバルにしてはダメな相手です・・・。
(ジョージ大好きさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


灰島 かりさんのその他の作品

ケルトの白馬[新版] / ケルト神話 炎の戦士クーフリン[新版] / ぼくのなまえはへいたろう / 絵本を深く読む / ランドルフ・コールデコット ―疾走した画家 / てっぺんねこ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

うさぎのうさぼうときょーふのママだいおう

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット