宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼんちゃんのぼんやすみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼんちゃんのぼんやすみ

  • 絵本
作・絵: あおき ひろえ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784061324312

3歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもに伝えたい日本の風習
ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

<季節の行事 お盆>
お盆は、7月か、8月(旧暦の7月)の15日を中心に4日間おこなわれる、亡くなった祖先の霊を慰めるための行事で、時期やまつり方は各地方、各家によりさまざまです。最近ではお盆の行事をおこなわない家庭も増え、お盆休みも単なる夏休みの代名詞となってしまった感もありますが、亡くなった祖先に思いを馳せ、親子でお話しする機会にしてみてはいかがでしょうか。――<「おうちの方へ」より>

ぼんちゃんのぼんやすみ

ぼんちゃんのぼんやすみ

ベストレビュー

盆の行事

先祖代々受け継がれてきた盆の行事を絵本から学べます。

宗派によって違うので、その家々で教えてもらったほうがいいのですが

お先祖さまをお迎えする気持ちは一緒なのでとても貴重な絵本だと思い

ました。お先祖さまが、にこやかに寛いでいる姿がとてもよかったです

おばあちゃんも自分のお子さんを亡くしてみえて辛い思いをされている

のだなあって思いました。その亡くなった女の子が、ぼんちゃんの傍を

離れないで一緒に遊んでいるのが和みました。お先祖様が夫婦喧嘩をし

ているのも笑えました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あおき ひろえさんのその他の作品

ぽかぽか ゆずおふろ / まほうでなんでやねん / おいせまいり わんころう / ゆうえんちでなんでやねん / 花見べんとう / おふろでなんでやねん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ぼんちゃんのぼんやすみ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット