話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
シーカヤックで いこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シーカヤックで いこう

作・絵: 関屋 敏隆
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「シーカヤックで いこう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月

5才〜6才向き
ページ数: 28 サイズ: 25X23cm かがくのとも 2010年8月号

出版社からの紹介

ゆうたとじいちゃんは、夏のある日、2人乗りの小さな舟“シーカヤック”で、キャンプしながら岬をまわる海の旅に出かけました。途中で出会う生き物は、キタキツネ、ヒグマ、イルカ、クジラから、カモメやアマツバメなどの鳥、サケやカラフトマスなどの魚まで、世界自然遺産の海と大地に生きる多種多様な生き物です。知床半島の自然の魅力をいっしょに満喫して下さい。

ベストレビュー

冒険の旅

あまり体験することのないカヌーの冒険の旅です。
絵が独特なので目がなれるまでは
チカチカして読みにくいと思っていましたが
離れて見ていると本当にそこにいるような
独特の景色になります。
細かい部分を見ると動物や魚など楽しい発見があります。
息子も冒険するような気持ちでよんでいます。
(もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ 男の子3歳、男の子0歳)

出版社おすすめ


関屋 敏隆さんのその他の作品

南極点 夢に挑みつづけた男 村山雅美 / 鉄人衣笠 / 咸臨丸にかけた夢 幕末の数学者・小野友五郎の挑戦 / りゅうじんさまは歯がいたい / 北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検 / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ


絵本ナビホーム > > シーカヤックで いこう

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

シーカヤックで いこう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット