まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
水木しげるのおばけ学校10 おばけレストラン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

水木しげるのおばけ学校10 おばけレストラン

作・絵: 水木 しげる
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1983年03月
ISBN: 9784591012314

小学校中学年〜
22cm x 15.5cm 112ページ

出版社からの紹介

「子どもは何を食べてもタダ」というレストランが開店した。子どもたちは大よろこびで、われさきにさっとうしたが・・・。

ベストレビュー

豊かに便利に生活するとは?

顔を盗まれた子どもたちに出会ったねずみ男は、賞金に目がくらみ犯人を探し出そうと山奥に乗り込んだ。しかしのっぺら坊の策略にはまり、顔を盗まれ、鬼太郎に泣きつくことに。鬼太郎出動!のっぺら坊との対決が始まる…

腹が減ったので山奥で芋虫を食べているねずみ男。更に、のっぺら坊の経営する妖怪レストランのコックとして雇われるねずみ男。なんとも生活苦の匂いが生々しい描写に思わす苦笑する。おばけは遊んで暮らすというが、半分人間のねずみ男は、浮き用のしがらみの中で生きている。しがらみだらけの我々人間は、なおさら働かなければならず、面倒な人間関係や厄介な問題に日々直面している。
だから妖怪の世界に一時期、現実逃避してみたいと思うのだが、水木先生の作品はそんなに甘くない。妖怪ですら、「顔があったら便利」という誘惑にかられ、本来なくてもいい顔を得るために犯行を繰り返すようになってしまった。
欲に目がくらむのは、人間も妖怪も同じらしい。ただ、妖怪はすぐに反省して素直に元の世界に戻っていくが、人間はいつまでも執着して人生をめちゃめちゃにしたりする。
何が便利で豊かな生活なのだろうか。
ちょっと難しい事を考えさせられてしまうような、リアルな一面もあるが、「顔を盗まれる」というシュールな場面もあり、極端な世界を行ったり来たりする醍醐味が味わえる作品。(1983年第1刷発)
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水木 しげるさんのその他の作品

ゲゲゲの鬼太郎 2 / ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル 世界編 / 水木しげる漫画大全集 000 総索引/年譜他 / 水木しげるの妖怪えほん / 妖怪ビジュアル大図鑑 / ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 水木しげるのおばけ学校10 おばけレストラン

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

水木しげるのおばけ学校10 おばけレストラン

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット