ねずみくんのうんどうかい ねずみくんのうんどうかい
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎさんとかけっこをすることになったかめさん。「かてっこないよ」とこまっているとねずみくんとねみちゃんがやってきて……
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
りすでんわ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りすでんわ

作・絵: 高橋 和枝
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784592761440

A5判変型 /32頁

出版社からの紹介

森のりすかいぎで「でんわ」というものを知ったりすたち。
さっそくみんなで「でんわ」を作ってみました。

月のきれいな夜、
おばあちゃんにそのことを伝えたい、と考えた りすの子は――。
世界一すてきな、でんわのおはなし。

りすでんわ

りすでんわ

ベストレビュー

愛らしいお話です

人間の世界にある「電話」と言うモノをひいてみようと
会議で決めたリスさん達。

その発想からしてなんとも可愛らしいこと。
なんと粘土で電話機を作り、電線を引いてと
それらしく出来上がってしまって、
これからどうなるのかなと娘もワクワクしながら読んでいました。

電話を使っておばあちゃんに
きれいなお月様が出ているから見ているかしらと
電線を伝って聞きに行きます。電線から見るお月様は
近くてとても大きく見えて子リスには夜の素敵なお散歩のよう。
絵がとても柔らかで、一緒に月夜の森に連れて行って貰ったように
うっとりしてしまいます。

電話どうやって使うのかな?と老婆心ながら心配していた
私は「そうきたか〜。そうだよね〜」と関心してしまいました。
他のリスたちは何を伝えたくてこの電話を使うのだろうね。と
親子で楽しく話しました。
(かわゆいゆいさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

高橋 和枝さんのその他の作品

もりのゆうびんポスト / もりのともだち、ひみつのともだち / ハートウッドホテル(2) ねずみのモナと最高のおくりもの / ハートウッドホテル(1) ねずみのモナと秘密のドア / トコトコバス / 贈るえほん つたえたいことば



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

りすでんわ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット