季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ごんぎつね・夕鶴

ごんぎつね・夕鶴

  • 絵本
作: 新美 南吉 木下 順二
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784062826631

四六判 248ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

どうぶつたちの無垢な心が人間に寄せる愛情のせつなさ。
図版、イラスト解説で関連知識も身につく!

<収録作品>
●新美南吉
ごんぎつね
手袋を買いに
赤い蝋燭
ごんごろ鐘
おじいさんのランプ
牛をつないだ椿の木
花のき村と盗人たち
●木下順二
夕鶴
木竜うるし
山の背くらべ
夢見小僧

ベストレビュー

イラストの説明がいい!

新実南吉生誕100年ということで、愛知県は盛り上がっています。

子どもの頃に読んだきりだったので、読み返そうと思いました。
この「少年少女日本文学館シリーズ」は、なじみなない物や動植物をイラスト入りで説明してあるので、昔の日用品など大人でも勉強になります。

おはなし会をしていると、お話の途中で分からない言葉が出ると、「何?」と大声で質問してくる子どもが増えました。
分からないことがあると、おはなしに集中できないようです。
話の流れを損なわないように答えるのは難しいです。
この本も、そういう点では良くないのかも知れませんが、子どもが分からない言葉が嫌で読むのをやめるのはもったいなです。

美しい日本の風景を思い浮かべながら読める本です。
(おるがんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

新美 南吉さんのその他の作品

きつね / ごんぎつね / 巨男の話 / のら犬 / 2ひきのかえる / 子どものすきな神さま

木下 順二さんのその他の作品

かにむかし (岩波の子どもの本) / 岩波少年文庫 わらしべ長者 / 絵巻平家物語セット / ジャックと豆のつる / 絵巻平家物語 知盛 / 絵巻平家物語 忠度



4月の新刊&オススメ絵本情報

ごんぎつね・夕鶴

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット