くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うがいライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うがいライオン

作: ねじめ 正一
絵: 長谷川 義史
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784790252146

3〜4歳児
20.1×27.6cm
(表紙20.7×27.9cm)

出版社からの紹介

「百獣の王」の名に恥じぬよう、威厳を保っている動物園のライオン。たまには、と転んでみせますが…。横長の画面いっぱいに描かれた絵とリズムのよい言葉がくせになる一冊です。

ねじめ先生は長い間「動物園のライオンが何を考えているか」を考えていました。この絵本では、ライオンの苦悩、心の揺れがシャワーのように駆け巡っていきます。見物客に見られている間は、結局かっこよさを気にして、客から見えないところではひっくりかえってうがいをする、そんなライオンが本当にいるように思えてきます。人気がかの描くライオンの大胆なポーズにも注目です!

ベストレビュー

★自分らしさを考えてみよう★

レビューを書きたくて、でも書くまでに時間がかかりました。
何度も読み返しました。
ページをめくり読むたびに
「うんうん」「へぇー」「あらー」「あーーー」
と相槌をうってしまう絵本です。

「強い」ライオンも時々「かわいい」と思われたいけど
やっぱり自分は「ライオンらしく」いなくちゃと思ってしまう。
私も似たところがあります。

大人だから大人らしく、ママだからママらしく、
社会人らしく、女らしく。
人もライオンも「自分らしさ」があって
「私」「自分」でいるんだなと。
伝えるのが難しいけど
子供にも大人にも読んで感じることがある一冊です。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ねじめ 正一さんのその他の作品

はなやのおばさん / からっぽマヨネーズ / としおくんむし / ぼくのどうぶつえん / ぼくのおばあちゃんはキックボクサー / ひゃくえんだま

長谷川 義史さんのその他の作品

ねこのピート クリスマスをとどけよう / タローズ / すきま地蔵 / シカクさん / おにのパンツ / ぼんやきゅう



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット