宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
野の花えほん 秋と冬の花
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

野の花えほん 秋と冬の花

  • 絵本
作: 前田 まゆみ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする
  • 読み放題

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784751525371

小学校低学年〜
25×18.7cm 48頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

好評既刊『野の花えほん(1)春と夏の花』に続く秋・冬編。ヒガン花、マツヨイ草、リンドウ、ススキ・・・秋・冬に咲く野草の名前の由来や、野の花遊びを紹介する絵事典。
朝顔と夕顔の意外な関係って?
いなばの白うさぎに登場する植物、なーんだ?
りんどうの名前の由来、知ってる?
野の花を見分けるポイント、名前の由来をわかりやすく紹介!
野原で、食卓で、季節を楽しむヒントも満載です。

野の花えほん 秋と冬の花

ベストレビュー

優しい色使いが、素敵です。

全ページ試し読みで読みました。

野の花の秋と冬の花がとても優しい色使いが、素敵です。

野の花って、派手ではないですが、とても可憐な花だなあと思い

ました。野の花を見分けるポイント・なかまの紹介・名前の由来を

わかりやすく描いてあります。

「野の花えほんの春と夏の花」もあるとのことです。

合わせて手元に置きたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


前田 まゆみさんのその他の作品

あおいアヒル / 庭に咲く花えほん / なんでも おんなじ? / くまのこポーロ / 誰も知らない世界のことわざ / 翻訳できない世界のことば



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

野の花えほん 秋と冬の花

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット