新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
東京からきた女の子

東京からきた女の子

作: 長崎 源之助
絵: 山中 冬児
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,068

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「東京からきた女の子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1983年03月
ISBN: 9784035111207

5・6歳から
23cm×18cm

出版社からの紹介

ユカが東京から転校してきてから、マサル達の教室は大さわぎ。でも、まさか結婚式までもちあがろうとは・・・。

ベストレビュー

転校生のなぞと冒険

高度成長期の山間部の村の話です。
時代を背景に、子どもの心の様子がみごとに描かれています。

東京からやってくる転校生のユカにお嬢様を想像していたら、予想外の身なりで予想外に負けん気が強くて、がっかりしたマモルでしたが、ユカの家族構成が判っていくうちに、親しさを深めていくのです。
子どもたちが少々粗削りでいながら、純朴だった時代の、子どもたちの世界の中で描かれています。
ガキ大将に向かっていくユカ。
学校をボイコットするユカ。
山にはダムの建築が進んでいて、湖に沈む村の人間からすればダム工事の人間は敵。
しかもユカの父親は監督だというのです。

お話の中で、ユカの嘘の皮がはがされ、ユカの生い立ちが判っていきます。
可哀そうに思えてきます。
振り回されて、「結婚」や「新婚旅行」にまでつきあってしまうマモルですが、マモルが本当のユカを知った時に、ユカはまた転校してしまうのです。

「また、転校先で嘘の生活を始めるのだろう。」
そう思うマモルはそのことで成長していきます。
少し古びた風景の中で、心温まるお話でした。
子どもたちには新鮮なのではないでしょうか。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

出版社おすすめ


長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママのゆきだるま / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか

山中 冬児さんのその他の作品

すずめの木笛 / 一九四一黄色い蝶 / おばあさん空をとぶ / 子ぎつねふうた(3) ふうたのかぜまつり / 子ぎつねふうた(4) ふうたのはなまつり / ねむの木ゆうびん



Z会の小学生向け新教養書「99%シリーズ」の魅力を紹介!

東京からきた女の子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット