あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぼくが一番望むこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくが一番望むこと

文: マリー・ブラッドビー
絵: クリス・K・スーンピート
訳: 斉藤 規
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくが一番望むこと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月23日
ISBN: 9784406053341

小学校中学年〜小学校高学年
32 ページ

出版社からの紹介

本が読めるようになりたい――それが少年の望みだった

  ぼくは、朝暗いうちから仕事に出かける。朝食ぬきでお腹がなっている。でも、ぼくの望みは朝食ではない。本が読めるようになりたい。本にはぼくの知らない何かがかくされている――。ぼくの必死な望みをわかってくれたママは、ぼくに小さな青い本を渡してくれた。黒人教育家ブッカー・ワシントンの少年期を描いた絵本。

ベストレビュー

ドラマがつまったお話だと思いました。

奴隷から解放された黒人ですが、貧困、無学問から解放されるまでにはとても大変長くて険しい道のりがあったのです。
岩塩の精製所で働くブッカーの家族は、生活のために他のことを考えるゆとりがありません。
ブッカーの言葉を学びたいという意欲がひしひしと伝わってくるお話です。
黒人教育者となったブッカーのために脚色されているのかもしれませんが、映画のカットシーンのような絵が、絵本の背景にある物語を語っています。
自分の名前の綴りが判っただけであれだけ喜ぶブッカー、自分の名前の文字をいとおしく見つめるブッカー。
この感動は、子どもにはストレートに伝わると思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

斉藤 規さんのその他の作品

いぬのロケットのやくに立つ英単語 / ほんをよむのにいいばしょは? / こないかな、ロバのとしょかん / スミス先生ときょうりゅうの国 / スミス先生と海のぼうけん / ぼくの図書館カード



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

ぼくが一番望むこと

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.87

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット