宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
絵本カルボナーラ 〜おいしい絵本を召し上がれ!〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本カルボナーラ 〜おいしい絵本を召し上がれ!〜

作: 聞かせ屋。けいたろう
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「絵本カルボナーラ 〜おいしい絵本を召し上がれ!〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784577812938

15×21cm 96ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

・絵本読み聞かせのプロ《聞かせ屋。けいたろう》氏の初の絵本ガイドブック
・大人も子どもも楽しめる55冊をフルカラーで掲載
・作品紹介、読み聞かせのQ&Aやエピソード、エッセイなど、著者の活動を通して読み聞かせの新しい魅力が伝わる1冊

ベストレビュー

若いって素晴らしい

絵本のレビューや紹介本は、大抵、「子どもまみれ」の立場で書かれていることが多いものです。子育て中であったり、先生中であったり、子ども研究中であったり。
聞かせ屋。けいたろうくんも、保育士を経験しているし、御本人のブログを見ると、子どもから支持されるオーラ保有者と言えそうなので、「子どもまみれ」と言えなくもないけれど、それ以上に、大人に絵本を!と、ゲリラ的に絵本界に飛び込んできた初々しい若さに「子どもまみれじゃない」魅力を感じます。
東京の北千住路上から始まった聞かせ屋稼業4年目にして出版されたこの本には、そんな若さがあふれ、絵本を紹介する言葉の使い方にもエピソードにも、今の彼にしか出せないだろう新鮮な視点があります。
装丁も軽やかでおしゃれでおいしそうなので、何度開いても飽きません。子どもまみれの人もそうじゃない人も手にとってほしい本です。
聞かせ屋。けいたろう絵本ライブもごきげんなライブです。機会があったら是非ご覧下さい。
(あさやんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

聞かせ屋。けいたろうさんのその他の作品

えらぶえほん / かいじゅうステップ おはなしえほん ピグちゃんの ふうせん / おっぱいごりら / たっちだいすき / まいごのたまご / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

絵本カルボナーラ 〜おいしい絵本を召し上がれ!〜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット