話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ローズ・ブランチュ

ローズ・ブランチュ

作: ロベルト・インノチェンティ
出版社: 平和のアトリエ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ローズ・ブランチュ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1990年03月
ISBN: 9784938365066

ベストレビュー

平和の足音は聞こえていたのに

ドイツの小さな町に住むごく普通の女の子ローズ。
ある日町で男の子がえりくびをつかまれ、トラックに乗せられるのを
目撃しました。
ローズはそのトラックの行先が気になり、後を追いかけます。

森の奥、到着した所には鉄条網に囲まれた木の長屋がありました。
そこにはやせこけた子供たちがたくさんいました。黄色い星の形を
縫い付けたシャツを身にまとった子供たちがたくさん、たくさん…

ローズは子供たちにせっせと食べ物を運びます。

最後の1ページでは胸が締め付けられます。
自分の身を削ってまで食べ物を運んだ少女になぜ?

これが戦争。


「世界・平和の絵本」シリーズの中の1冊。
あとがきの中で
戦争を語り継ぐ事、子供たちにほのぼのとしたやさしい平和の心を
感じ取ってもらう事、世界の国々で戦争に反対し平和を大切にする心を
養うため大きな苦心や努力を払っているか読み取って欲しい。
そんな願いを込めて10冊発刊されたと書かれておりました。
(たれ耳ウサギさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子17歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロベルト・インノチェンティさんのその他の作品

クリスマス・キャロル <新装版> / ピノキオの冒険 <新装版> / ガール・イン・レッド / 百年の家 / ラストリゾート / エリカ 奇跡のいのち


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ローズ・ブランチュ

みんなで参加しよう!えほん祭

ローズ・ブランチュ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット