もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
いもとようこの日本むかしばなし ねずみのよめいり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いもとようこの日本むかしばなし ねずみのよめいり

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784323037257

幼児
28.6×22.5cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

せかいで一番えらいのはだれ?かわいい娘のために、世界一のお婿さんをさがし始めたねずみの夫婦。
太陽や月、雲や風などに会いますが、みんな「自分が一番ではない」と言います。結局、娘が結婚したのは…。

ベストレビュー

世界で一番えらいのは

いもとさんのかわいい絵で、昔話を読めるこのシリーズ、とてもよいです。
娘を世界一えらいかたのところに嫁にやりたいねずみの夫婦のスケールの大きさが面白いですよね。お婿さんをねずみにかぎって探さないという考え、なかなか思いつかないです。
いろいろお婿さん候補を探し回ったあげく、やっぱりネズミが一番だという結論にいたるというのも、このお話よくできてるなーと毎回思いながら読んでいました。
うちにもまだ赤ちゃんの娘がいますが、さすがに私はこの両親みたいに出しゃばれないなと思います。素敵な人を娘が探してくれるのが一番うれしいですね。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

いもと ようこさんのその他の作品

できるかな? にっこり おかお / できるかな? ぱっぱ おきがえ / かみそりぎつね / できるかな? ちゃっぷん おふろ / できるかな? しーしー おしっこ / ゆきのよるに



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

いもとようこの日本むかしばなし ねずみのよめいり

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット