宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
どろんこのおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どろんこのおともだち

作・絵: バーバラ・マクリントック
訳: 福本友美子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どろんこのおともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784593505234

出版社からの紹介

あるあさ、シャーロットに
こづつみが とどきました。
なかから でてきたのは、
ドレスをきた きれいなおにんぎょう。
でも シャーロットは、おにんぎょうなんて
ほしいとおもったことも ありませんでした。
それより、どろんこあそびや
木のぼりが すきなのです……。

丁寧な絵であたたかく描かれる
元気いっぱいの女の子のお話。
『ないしょのおともだち』で人気の、
バーバラ・マクリントックの絵本。

ベストレビュー

いろいろ気づかされました

どろんこあそびや木登りが好きなシャーロットの元に、
フリフリドレスのお人形がやってきます。

シャーロットはおとなしいお人形遊びなんて趣味じゃありません。
どろんこあそびやそりあそびに、お人形を付き合わせます。
そして次第に打ち解けてきたお人形に、
ダリアという名前をつけてあげます。
子供がおもちゃやぬいぐるみに名前をつけるときは、
そこに愛情があってのことなんだな、と
改めて気づかされました。

私は普段、子供がキレイなオモチャやぬいぐるみで遊んでいるとき、
「こわれちゃうよ!」
「汚しちゃうよ!」と言って遊び方にも指導をしてしまいがち。
でも本当は子供が一番楽しむ方法で遊ばれるのが
おもちゃ達の幸せなのかもしれません。

この本を読んで親の私がちょっと反省させられました。

できればちょっとでも、
一番最後にでてくるおばさまのように、
ダリアがどろだらけになっているのを喜んであげられる
大人に近づきたいものです。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーバラ・マクリントックさんのその他の作品

ふたりはバレリーナ / おじいちゃんのコート / シンデレラ / ないしょのかくれんぼ / 12種類の氷 / イソップのおはなし

福本 友美子さんのその他の作品

ちいさなエリオット ひとりじゃないよ / おやすみ、はたらくくるまたち ダンプカーのいろいろいろ / おやすみ、はたらくくるまたち ショベルカーの1 2 3 / どうなってるの? うちゅうとほし / だいすき ライオンさん / ちいさなエリオット おおきなまちで



>絵本エイド ―こころにひかりを―

どろんこのおともだち

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット