話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

まっくろネリノ

まっくろネリノ

  • 絵本
作: ヘルガ・ガルラー
訳: 矢川 澄子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1973年07月
ISBN: 9784032021400

対象年齢:3・4歳から
オーストリア児童文学賞・児童福祉審議会特別推薦

2〜3歳 編集部おすすめ

年齢別絵本セット2歳向けベストセレクション

みどころ

ぼくの名前はまっくろネリノ。
夜の暗闇に溶け込んでしまうほど、まっくろくろ。

家族はとうさんとかあさん、そして兄さんが4人。
赤や黄色、みんな鮮やかな色のからだをしているんだ。
ぼくがあんまりまっくろだからって、ちっとも遊んでくれないんだ。
時々悲しくなって、ひとり木のてっぺんで考えてるんだ。

「どうしたら、みんなみたいな色になれるのかな」

そんなある日、兄さんたちが行方不明に!
金のとりかごに捕まえられてしまったんだ。
だけど、ぼくなら助け出してあげられるかもしれない……。

真っ暗な背景に浮かびあがる鳥たち家族が、パステルで可愛らしく描かれているこの絵本。目玉のキョロキョロしか見えないネリノだって、とってもチャーミング。だけど本人は、それを受け入れることができません。結局ネリノは、自分の特徴を生かして大活躍をすることで自信につなげていきます。すごいよね、ネリノ。それも一つの方法です。

みんなと違うことを「個性」として受け入れる。これって、なかなか難しい。悲しい気持ちが全くなくなる事だって、ないのかもしれません。ネリノみたいに上手くいかないかもしれません。でもだからこそ、こんな小さなネリノの小さな出来事にも、みんなが触れていくのは大切なことなのかもしれませんよね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

まっくろネリノ

出版社からの紹介

まっくろネリノは兄弟の鳥たちにも仲間はずれにされて、いつもひとりぽっち。しんみりと味わい深く、ソフトなパステル画で描く。

ベストレビュー

個性

華やかな色のおにいちゃんたちに比べ、ネリノは真っ黒。いつも仲間はずれにされています。しかし綺麗な色のせいでお兄ちゃんたちが誘拐されてしまいました。

「みんなと同じこと」とか「他人の人と比べて」とか、そんなのはどうでもよくって、みんなと違っててもいい、個性があるって素敵なことなんだ、というメッセージがこめられている、奥深い絵本です。
幼い子でもわかりやすいようにストーリーが展開されているので、5歳の娘もお話自体は理解できたのですが、このメッセージをどこまで理解しているのかは不明です。5歳なりの解釈で心に届けばいいかなと思います。そしてもう少し大きくなって読み返した時にその年齢なりの感じ方をしてくれたらいいなと思います。

ぱっと見は地味だし、娘の反応はどうかな?と思いつつ与えてみましたが、ネリノがお兄ちゃんたちを探して助け出すというストーリーがわくわくするようです。

黒色の背景にきれいなパステルの絵が栄えて、色彩感覚がすてきだと思います。



(みいここさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


矢川 澄子さんのその他の作品

タイコたたきの夢 / 岩波少年文庫 魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / グリム童話 いばらひめ 新版 / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / 名作を1冊で楽しむ ギリシア神話 / 12月くんの友だちめぐり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > まっくろネリノ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット