うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎ
作: さこ ももみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
親子の1日は、こんなにもすばらしい!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼく ひとりでいけるよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼく ひとりでいけるよ

  • 児童書
作: リリアン・ムーア
絵: ジョーヤ・フィアメンギ
訳: 神宮 輝夫
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1976年06月
ISBN: 9784033130903

対象年齢:5〜6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あらいぐまのリトル・ラクーンは、お母さんからザリガニをとってきてとたのまれました。幼児のはじめてのおつかいを描きます。

ベストレビュー

あいつって誰かな?

あらいぐまのリトルラクーンはお母さんに頼まれて小川にざりがにを取りに行くことになりました。リトルラクーンが歩いていくとハリネズミに会いました。どこに行くかを話すと「気をつけていくんだぞ。君にはぼくのような針はないんだから」と言われました。リトルラクーンは「こわくなんかない」と思いました。次にスカンクに会いました。スカンクにも「君はぼくみたいにすごいにおいは出せないんだぞ」と言われたけどどんどん行きました。そしたら今度はうさぎに会いました。うさぎに小川には怖いあいつがいることを教えてもらったけど平気だと思いました。でもでも、小川に着いて小川をそーっとのぞくと・・・いましたいました、あいつが。リトルラクーンがしかめっ面をしました。するとあいつもしかめっ面をしてきました。リトルラクーンは石を投げようとしたけどあいつも石を持ち上げていました。今度は長い棒、あいつも長い棒を持っていました。怖くなってお母さんのところまで帰って今までのことを話すとお母さんは言いました。「今度は石を持っても棒を持ってもダメ。にこにこしなさい」って。リトルラクーンは小川まで行って今度はにこにこしました。すると、あいつもにこにこしています。リトルラクーンは安心してザリガニをとってあいつにバイバイして帰りました。家に帰ったリトルラクーンはお母さんに聞きました。「あいつってだれなんだろう」って。おかあさんはそっと教えてくれました。もう分かりましたか?小川のあいつとは小川をのぞいた自分がうつっていただけだったのです。
(たまっこさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

リリアン・ムーアさんのその他の作品

小さな小さな七つのおはなし / ネズの木通りのがらくたさわぎ

神宮 輝夫さんのその他の作品

だいじなはこをとりかえせ / 2るいベースがぬすまれた?! / ペット・コンテストは大さわぎ / 小さな赤いめんどり / タマタン / フルダー・フラムとまことのたてごと



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぼく ひとりでいけるよ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット