話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
よくぞごぶじで

よくぞごぶじで

作: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 江國 香織
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784776404248

5,6歳から
25×31cm  20頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

マドレーヌシリーズの生みの親、ルドウィッヒ・ベーメルマンスが約50年前に描いた秀作です。日本では初翻訳の絵本。
その昔、アメリカやヨーロッパ各地で行われていたきつね狩りは、当時の人々の楽しみの一つでした。
朝、ラッパの音とともに、猟犬を連れ馬に乗った大勢の人が集まり、匂いを頼りにきつねを追って夕暮れまで野山を駆け回るのです。家族じゅうで参加して、その様子を見て歓声をあげるのです。
でも、ここにでてくるきつねは、ただ追いかけられていたわけではありません。きつねにももちろん家族がいて、人間たちをあざ笑うかのように知恵を使って逃げ回ります。さて、人間ときつね、どっちがうわてでしょうか。

小学校低学年から。

原詩/ビーヴァリー・ボガート

ベストレビュー

キツネにも家族がある

狩人たちよりか、古きつねのほうが、知恵があって賢いのは、

自分を待っているおくさんや子供たちがあるからどうしても逃げ帰

る必要があったんだと思いました。

家族の元に追っ手からどんなことをしても逃げきらなければなら

ないと必死に思ったからだと思いました。

”知恵のまわるきつねは、いつだって 逃げ延びる”

きつねにも家族があって、家族愛が、素晴らしかったです。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルドウィッヒ・ベーメルマンスさんのその他の作品

きかんしゃキト号 / バティストさんとハンガーブルグ=ハンガーブルグ伯爵のおはなし / ゴールデン・バスケット ホテル / ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯 / マリーナ / パセリともみの木

江國 香織さんのその他の作品

ひとりぼっちのもみの木 / 扉のかたちをした闇 / 改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界 / 旅ドロップ / 講談社文庫 100万分の1回のねこ / ぼくにまかせて!



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

よくぞごぶじで

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット