宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
いもうとだいすき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いもうとだいすき

作・絵: オフェリエ・テクシエ
訳: 木村 裕一
出版社: そうえん社

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いもうとだいすき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784882643944

15.6cm x 21.2cm 26ページ

出版社からの紹介

ワニオオカミのガオガオに、妹ができました。ガオガオは妹がだいすき。ケンカしたって、ちゃんと仲直りできるのです。

ベストレビュー

いもうと

ガオガオの妹を思う気持ちが、とてもいいです。妹と遊ぶのが楽しいし、妹のニオニオを自慢しているようでした。
おにいちゃんだけあって妹を大切にしているし、お兄ちゃんらしく、妹
に譲ったりしているとこに感心しました。二人の見つめあうとこ、ニオ二オがお兄ちゃんを信頼して甘えているとこが好きです。「おひめさまごっこ」のニオ二オの満足仕切った顔と、ガオガオの不満そうな顔が微笑ましかったです。お人形の取り合いはやっぱり遠慮しないでやっぱり仲良しの兄妹だと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オフェリエ・テクシエさんのその他の作品

ぼくはワニオオカミ(全6巻) / ぬいぐるみだいすき / おそとだいすき / こわいのだいすき / ともだちだいすき

木村 裕一さんのその他の作品

いたずら おおかみくん / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに / もりがもえた / めざせ!動物のお医者さん / 使える!役立つ!はつめい工作 / ロボロボ ロンとゆかいなおてつだいロボット



『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

いもうとだいすき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット