新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

ビジュアル世界一の昆虫

ビジュアル世界一の昆虫

作: リチャード・ジョーンズ
訳: 木谷 美杉
出版社: 日経ナショナル ジオグラフィック社

本体価格: ¥3,800 +税

「ビジュアル世界一の昆虫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784863131095

288ページ、ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「最大の昆虫」「最重量級の昆虫」「最古の昆虫」「体の右がオスで左がメスのチョウ」「人類がもっとも多く食べてきた昆虫」「たった一匹しか見つかっていない昆虫」など、各ジャンルで世界一の昆虫を集めました。生き生きとした大判写真とともに見開きで紹介します。全135種収録。



ビジュアル世界一の昆虫

【養老孟司氏 推薦!】 本書には、「世界一」の昆虫が次々と登場する。写真集だから一目瞭然、何がどう世界一なのかは、自分の目で確かめてほしい。
実は昆虫は身の回りにいる普通種もみんな唯一無二。本書を通じて、昆虫の凄さに気づいたならば、ぜひ身の回りの虫にも目を向けてほしい。生物多様性とは、たとえばこの虫の多様性のことなのだ、と実感できるはずである。
本書の写真を眺めてもうひとつおもしろいのは、日本人と欧米人の視点の違いだ。
日本の昆虫写真は細部まで光を回してフラットに見せるのが主流だが、英国人が撮影したこの本の場合は陰影をもたせて立体感を強調する。いってみれば浮世絵とレンブラントの絵の違い、といったところだ。
また、日本で昆虫の写真集を作ったらカブトムシやクワガタがたくさん並ぶだろうが、本書ではハチやアリなどの社会性昆虫の登場回数が多い。日本と欧米で興味の中心となる昆虫の種が異なる、というのも興味深い。
写真ひとつで、日本と欧米の自然観の違いが透けて見えてくる。そんな観点で、この写真集を楽しむのもいいだろう。



ビジュアル世界一の昆虫

ビジュアル世界一の昆虫

ビジュアル世界一の昆虫

ビジュアル世界一の昆虫

ビジュアル世界一の昆虫

ビジュアル世界一の昆虫

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

リチャード・ジョーンズさんのその他の作品

きっと どこかに / 山はしっている / キツネのはじめてのふゆ / だいすき ライオンさん


絵本ナビホーム > 一般 > 図鑑 > 生物学 > ビジュアル世界一の昆虫

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

ビジュアル世界一の昆虫

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット