季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン

ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン

  • 絵本
作: なとり ちづ おおとも やすお
絵: おおとも やすお
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784834025910

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 48 サイズ: 31X23cm

出版社からの紹介

 ぼくのママはフィリピンのセブという島で生まれた。ぼくたち家族は、フィリピンのおじいちゃん、おばあちゃんたちとクリスマスをすごすため、セブ島に行った。フィリピンでは日本のお正月のように、クリスマスに家族が集まってお祝いするんだって。ぼくは、セブに行くのははじめてだ!飛行機で行くと、日本から5時間ちょっとでフィリピンに着く。フィリピンの12月は日本の真夏みたいに暑かった。  
 初めて母親の故郷セブ島に行ったしょうたが「見た、出会った、感じた」セブ島のいろいろ-クリスマスのごちそうの材料を買いに行ったマーケット、いろいろな食べ物、クリスマスの飾り付けをした街並み、セブの名物・名所、いろいろな魚のいる海や学校のこと、「シェアリング」というフィリピンの人たちが大切にしている習慣などなど。
 実際にフィリピン、セブ島で暮らした著者たちが、観光旅行では見えないフィリピンの姿を楽しい絵と文で伝えます。


ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン

ベストレビュー

クリスマス

クリスマスの時期にぴったりの絵本だと感じたので選びました。自分のルーツである場所へ行くことの意義を感じられる絵本でした。セブのクリスマスはキリスト教の精神にのっとっているのが素晴らしいと思いました。クリスマスの本来の意味を再確認させてくれる絵本でした。感動しました。
(なびころさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なとり ちづさんのその他の作品

紙芝居 クリスマスの おおきな くつした / おしごと おしごと なににする? / わたしのうさぎ ハッピー / ハナさんのあかいぬの / むつごのこぶたの さかなつり / 紙芝居 おさんぽわんわん

おおとも やすおさんのその他の作品

ごろべえ もののけのくにへいく / ハワイ島のボンダンス / ボルネオでオランウータンに会う / いちばんでんしゃの うんてんし / ぼくのママはうんてんし / いちばんでんしゃの しゃしょうさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 地理 > ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン

5月の新刊&オススメ絵本情報

ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット