話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
子どもの本の森へ

子どもの本の森へ

作: 河合 隼雄 長田 弘
絵: 河合 隼雄 長田 弘
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784000029131

出版社からの紹介

子どもの本を,大人がもっと奪い返そう.大人も,もう少し悩み続けていい.−ベッドの前にはテーブルがある/それが魔法のテーブルでさ/上には1冊の本がのっていた/そしてそれは魔法の本でね/本の中には書かれていたんだ/ようこそ,子どもの本の森へ−臨床心理学者と詩人が誘う子どもの本の魅力.

ベストレビュー

本は家具

本の感想を語りあいながら、たくさん紹介してくれます。読んだことのある本も、こんな見方があったんだとおもしろく感じました。私が、まだ読んだことのない「ゲド戦記」についても、楽しそうに会話されています。長編なので、さけていた本ですが、読んでみたくなりました。
個々の本の紹介だけでなく、本そのものとどのように向き合うべきかがしめされています。「本は家具である」という言葉が新鮮でした。

一番印象に残ったのは、絵本の本質について、おしゃっているところです。心にずん、と響いてますます絵本に夢中になりそうです。
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


河合 隼雄さんのその他の作品

絵本の力 / 子どもの宇宙 / 昔話の深層

長田 弘さんのその他の作品

誰も気づかなかった / 風のことば 空のことば 〜語りかける辞典〜 / 水の絵本 / 帽子から電話です / 小さな本の大きな世界 / 幼い子は微笑む



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

子どもの本の森へ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット