宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
はやおきふっくらパンやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はやおきふっくらパンやさん

作: 山本 省三
絵: はせがわ かこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はやおきふっくらパンやさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年11月
ISBN: 9784061324374

よみきかせ 3歳ごろから

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

よみきかせで学ぶ、新しいお仕事えほん
パン屋さんは、朝早くから夜遅くまでおおいそがし!

てっくんのお父さんは、パン屋さん。毎日朝早くから夜遅くまで、おいしいパンを作るため忙しく働いています。朝の3時にお店に着いたお父さんは、昨日仕込んだパンを焼き上げ、フランスパンの生地を作ります。生地を寝かせ、オーブンに入れたらやっと、朝ごはんの時間です。でも、ゆっくり休む間もなく、次のパン作りや、お客さんの接客にとりかかるのです……。人気のお仕事の裏側がわかる、新しいよみきかせお仕事えほん!

はやおきふっくらパンやさん

ベストレビュー

たのしかったです

こういう絵本大好きです。
あるパン屋さんの一日を紹介している絵本ですが、お仕事を紹介するだけでなく、家族が協力する姿やこのパン屋さんの子供たちがお父さんにあこがれを抱く姿も描かれていて、とても楽しく読みきかせ出来ました。
絵もとっても優しくて、細かいところまで描かれていて、絵からもパンの知識を得ることが出来ます。

なかなか大人でも、他人の仕事の様子は分かりません。
だから子どもだけでなく大人も興味を持って読めると思いますし、パン屋さんになりたくなった子もいたようでした。

このような仕事を紹介する絵本が増えればいいなあと思って読みました。
(snowdropさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 省三さんのその他の作品

ガリレオ / キセキのスパゲッティー / やさしく読める ビジュアル伝記 坂本龍馬 / もしも月でくらしたら / おてんとうさまが みてますよ  / 梶田隆章物語

はせがわ かこさんのその他の作品

どろだんご、さいた / ナナコのキッチンガーデン / のんちゃんとモンシロチョウ / じゅんばんこ! / 2月のおはなし 鬼まつりの夜 / みんなをのせて バスのうんてんしさん



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

はやおきふっくらパンやさん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット