話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おいしい おと
  • ちょっとためしよみ

おいしい おと

  • 絵本
作: 三宮 麻由子
絵: ふくしまあさえ
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おいしい おと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784834023923

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
24ページ・21X24cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

今日のごはんは何かな?春巻き、ウィンナ、わかめのみそ汁、レタスにプチトマト。春巻きを食べると、どんな音がするかな?ウィンナやレタスはどうかな?ある日の食卓の、おいしい音が勢ぞろい。これを読んだら、食事がよりいっそう楽しくなること請合い! くいしんぼさんの手が、あっちからも、こっちからも伸びてきますよ。

おいしい おと

ベストレビュー

おなかがすく絵本

もし「食べ物の食べる音を表現してみて」って言われたら、どんなオノマトペを想像しますか?
モグモグ、パクパク、ムシャムシャ、、カリコリなどでしょうか…

この絵本のように豊かな表現ができる人は、少ないのではないでしょうか。
作者の三宮麻由子さんは、全盲です。
4歳で光を失われたそうです。
だからこその、豊かな表現なのかもしれませんね。

食べ物のおいしさ、食べることの楽しさを再発見させてくれる絵本です。
(ハルクンさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三宮 麻由子さんのその他の作品

四季を詠む 365日の体感 / かぜフーホッホ / そうっと そうっと さわってみたの / ウグイス ホケキョ / でんしゃはうたう / 子どもだって哲学(3) 家族ってなんだろう



サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

おいしい おと

みんなの声(65人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット