しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おふろだいすき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おふろだいすき

  • 絵本
作: 松岡 享子
絵: 林 明子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年04月
ISBN: 9784834008739

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

おはなし

男の子のまこちゃんがひとりでおふろに入ります。おふろに入るときは、いつもあひるのおもちゃ、プッカを連れて行きます。まこちゃんもプッカもおふろがだいすきなんです。
まこちゃんが体を洗っていると、おふろの底からざぁーっとおおきなかめが浮いてきました。
続いてぺんぎん、あしか、かば、そしてなんとくじらまで!
みんなで体を洗って、肩までつかって50かぞえます。「50ッ!」と大声でくじらが叫ぶと、おかあさんがやってきて、
「よくあったまった? じゃ、あがっていらっしゃい。」
おかあさんが顔を出したとたんに動物たちはお湯にもぐり、それっきりでてきませんでした。
おかあさんの広げるゆあがりタオルに飛び込み、
「ああ、いいにおい、いいきもち」


みどころ

おふろで繰り広げられる、楽しいファンタジー。子どもの空想をそのまま抜き出したようなお話です。
次々におふろから現れる動物たちはみな個性的で人間味があり、名脇役を演じています。林明子さんの柔らかな絵のタッチがおふろにぴったりです。
どんどん広がるお話ですが、あたたかいおかあさんのタオルが終着点。温かい気持ちで読み終えることができます。
おふろが待ち遠しくなるお話です。

出版社からの紹介

ぼくはおふろが大好き。あひるのプッカをつれてはいると、かめやペンギン、オットセイやくじらまで登場して……。子どもの空想の世界をのびのびと描いた絵本。

ベストレビュー

読み応えのある絵本です

読み聞かせしたら意外と長いです。
その分、しっかりとファンタジーの世界を遊べます。

言葉も美しいし、林明子さんの温かな絵が、落ち着いて、安心して、お話の世界を楽しめます。

湯舟から次々と動物がでてくるところが、子どもたちの想像を膨らませます。
(ピコピコピコさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松岡 享子さんのその他の作品

グリムのむかしばなし2 / グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス

林 明子さんのその他の作品

ひよこさん / くろねこトミイ / にせあかしやの魔術師 / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / 魔女の宅急便 6冊セット / ビッグブック もりのかくれんぼう



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

おふろだいすき

みんなの声(248人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット