あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
アンガスとねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンガスとねこ

  • 絵本
作・絵: マージョリー・フラック
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1974年10月
ISBN: 9784834003406

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アンガスは何でも知りたがりやで、今度はねこに興味を持って追いかけます。事件を追って場面に描かれたアンガスとねこの表情や動きのたしかさ、暗示に富んだ構図をお楽しみ下さい。

ベストレビュー

相手を知ること

子犬のアンガスはいろんなことを覚えて成長中です・・・
カエルのこと、風船のこと、そして・・・初めて会ったネコ。

自分とは違うネコという生き物のことを知りたくて
一緒に遊びたくて、追いかけたり見つめたりするアンガス。
相手との距離間をお互いにはかり、徐々に知り、ここちよい関係を
築くこと・・人間関係と一緒ですね。

ネコが屋根に逃げて、アンガスが気づかずに探しているページでは
4歳の息子は爆笑!
淡々とした味わいの絵本ですが、そこはユーモラス。
ネコが居なくなってしょんぼりうなだれるアンガスもかわいいです。

アンガスを見ていると不思議と人間の赤ちゃんと重なります。
まだ無垢で素直で一生懸命なところが。
いろんなことを体験して成長していくところも。
(10月さん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マージョリー・フラックさんのその他の作品

新装版/あひるのピンのぼうけん / トプシーとアンガス / ベスとアンガス / ウイリアムのこねこ / Angus and the Ducks(アンガスとあひる) / Angus Lost(まいごのアンガス)

瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

アンガスとねこ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット