話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

カラス
  • ちょっとためしよみ

カラス

  • 絵本
作・絵: とだ こうしろう
出版社: 戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年09月
ISBN: 9784924710467

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
 主人公は一羽のカラス。住んでいた森をゴルフ場建設のため奪われ、都会に飛来し公園に住み着く。そして先輩カラス同様、ゴミ袋を漁る楽な生活を覚え、日に日に荒(すさ)んでいくカラス。そんなある日、カラスは
マンションに住む少女と出会う。そしてトラブルが・・・!
 都会ではすっかり嫌われ者のカラス。でも飽食の時代を生きる僕ら現代人のライフスタイルがカラスの増加を招いた大きな原因と言われる。
そういえば僕の家でも先日「事件」があった。ベランダに置いてあった針金ハンガーをカラスがごっそり持ち逃げしたのだ。「カァーカァー」。飛び去るカラスの啼き声は、一瞬、人間をバカにしたもののように聴こえた。
でもそれが「巣づくり」のための仕業だと分かったとき、僕の脳裏に浮かんだのは童謡『七つの子』。
「♪烏、なぜ啼くの?」。あいつも父親なんだよなぁ。

カラス

出版社からの紹介

住処だった山の自然を奪われ、
都会のゴミを漁って暮らし始めたカラスと、
その姿を優しく見守る少女のおはなし。
美しい版画調の絵で綴られています。

嫌われがちなカラスですが、彼らは悪者なのでしょうか?
その原因を作っているのは…?

人間の暮らし方、他の生き物との共生を見つめ直し、
現代社会の抱える問題に気付く作品です。

ベストレビュー

版画風の絵が素敵!

仲良しの3羽のカラスが、山の木が切り倒されてしまったので、1羽のカラスは、もっと山奥へ、1羽のカラスは、お母さんが年をとっているのでここに残り、もう1羽は東京に向かって飛んでいきました。ゴミをあさり、野犬に襲われ怪我をしました。人間に怪我の手当てをしてもらって、怪我が治ったら仲間のカラスたちと山に
帰るお話でした。”あとがき”に心動かされました。版画風の絵が素敵で、よかったです。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とだ こうしろうさんのその他の作品

Baby Book / 赤ちゃんにおくる絵本(3点セット) / リングカード・国旗 / 童謡画集+CD 1 / 童謡画集+CD 2 / リングカード・しきさい



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

カラス

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット