新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ピンポーン

ピンポーン

  • 絵本
文: 中川 ひろたか
絵: 荒井 良二
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥880

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ピンポーン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2000年
ISBN: 9784032276602

対象年齢:0歳から
17cm×17cm/24頁

2〜3歳 編集部おすすめ

みどころ

「ピンポーン」はーい、どちらさまですか。宅配便の人が荷物を持って来ましたよ。
 玄関に写ったシルエット。誰でしょう?大きな包みのお届け物。何でしょう?
この繰り返しに小さな子どもも大喜び。毎日の生活の中からのお話ですものね。
お客さんが来るとうれしいのもです。何やら楽しそうな包みを持っていますしね。
荒井良二さんの描く動物達も魅力的、カラフルで楽しいつくりと小さめのサイズの絵本が2〜3歳の子が小わきに抱えて持ち歩くのにぴったりの絵本です。
同じシリーズの「ぼうし」も面白いですよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ピンポーン

出版社からの紹介

ピンポーン。動物たちの家におとどけ物がとどきます。だれがとどけにきたのかな?なにかな?シンプルなことばのくり返しが楽しい絵本。

ベストレビュー

カラフルで楽しい

「ピンポーン!」「はーい、どちらさまですか」
ただただ、この繰り返しです。
届いたときは、え?それだけ?
と思ったのが、正直な第一印象です。
ですが、息子は、見事にはまりました。

ちょうどその頃は、絵本を読み聞かせようにも、
猛スピードで、勝手にどんどんページをめくってしまう頃だったので、
この短いかけあいの繰り返しが丁度いい感じでした。

でも、こどもってちゃんと見てるんですよね。
ある時、他の本にゾウが載っているのを見て、
この本を本棚から取り出し、ゾウのページを開いて
「いっしょ!」と言ってるのを見て、とても嬉しくなりました。

色々な動物が次々現れて、絵もカラフル。
最後までいくと、「はい!最初からもう一度」という風に差し出され、
延々と読まされる日々が続きました。

少しゆっくり見てくれる頃には、
「だれかな〜」「あ、カンガルーさんだね!」
などと語りかけながら読みすすめることができ、親子共に楽しめる絵本です。
(ノエ☆さん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

ぼく、うしになる / あらいくん ユーモアせいかつ絵本・てあらい / い〜れ〜て! / やさいだいすきだワニ / くまのこ3きょうだい ふねのきょうそう / いし

荒井 良二さんのその他の作品

こどもたちは まっている / あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ  / 水の絵本 / まめしば



「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

ピンポーン

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット