季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
いってかえって星から星へ

いってかえって星から星へ

作: 佐藤 さとる
絵: 田中 清代
出版社: ビリケン出版

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いってかえって星から星へ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年12月
ISBN: 9784939029134

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

《とおいとおい、銀河のおくのほうから、宇宙船がとんできました》で始まり、《じぶんたちの星にむかって、光よりもはやくとんでいきました》で終わるこの絵本、実は、あっ!と驚く仕掛け絵本なのです。最後の頁で本をくるっとひっくり返すと、【星へいくお話】が終わって【星にかえるお話】が始まります。行きも帰りも同じ絵なのに、いったいどうなってるの?それは見てのおたのしみ!!

ベストレビュー

平和な世界だな

一度読んで、それからひっくり返してまた読めるというしかけの絵本です。宇宙から宇宙船にのってやってきた生命体がとってもかわいくって、こんなにかわいいのなら、宇宙人でもウェルカムだわって思ってしまいました。
宇宙の星のかがやきや、土星、地球の美しさなど、壮大なようすが見事に描かれていて、読みながら宇宙を旅している気分になれます。
また、生命体が上からみた地球のようすや、日本のようすなどもながめることができて、客観的にながめるとこんなふうに見えるのか!と楽しくなりました。
なんといっても、おどろくのは、本をひっくり返して、新たな文章を読んでも、絵がぴったりしっくり合うっていうことです。すごいですね!よくできてるなあって感心しまくりでした。

クラスの読み聞かせで使いたいなあと思ったのですが、やや絵が小さいのが残念。でも、たくさんの人に読んでもらいたいなあって思う絵本です。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子11歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

かぜにもらったゆめ / コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / 新イラスト版 コロボックル物語 だれも知らない小さな国 / えんぴつ太郎のぼうけん

田中 清代さんのその他の作品

くろいの / うおいちば / みつけたよ さわったよ にわのむし / ゆきひらの話 / 長ぐつをはいたネコ / 日本語を味わう名詩入門(8) 高村光太郎


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > いってかえって星から星へ

4月の新刊&オススメ絵本情報

いってかえって星から星へ

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット