季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

赤ちゃんのための色のえほん
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

赤ちゃんのための色のえほん

  • 絵本
作・絵: 桑原 伸之
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2003年06月
ISBN: 9784751521823

赤ちゃん
18×18cm 40頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ファーストえほんにぴったり。大きくて鮮やかな絵は赤ちゃんの目にも印象的でしょう。装丁もかわいらしく、赤ちゃんとお母さんへのプレゼントにもオススメです。

赤ちゃんのための色のえほん

ベストレビュー

色の概念

乳児親子の会おはなし会向けにセレクト。
題名の通り、色の概念を体感する趣向となっています。
赤いコップから赤いりんご、青い傘から青い風船、などど、
色そのものというよりは、色の概念を認識することに主眼をおいているような気がします。
実は色彩的には、オレンジや水色に近いだけに、
その不適合さへの懸念のレビューも多く見受けられますが、
そのあたりは、もう少し年齢が上がってから、
たくさんの色のバリエーションが理解できるようになってからきちんと学ぶ、
と考えればいいような気がします。
この作品自体は、登場した物から、同じ色の違うものが登場する、いないいないばあ的な楽しさと、
同じ色、という概念を体感する、でいかがでしょうか。
もちろん、擬音もたっぷり耳で楽しみましょう。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

桑原 伸之さんのその他の作品

アラマせんせいとげんごろう ことばあそびのたび / スーパーマンその他大勢 / おもちゃのかくれんぼ / わんわんぴよぴよ / ふわふわしゃぼんだま / びっくりばこ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 赤ちゃんのための色のえほん

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

赤ちゃんのための色のえほん
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット