新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
アリクイのアーサー

アリクイのアーサー

  • 児童書
作・絵: バーナード・ウェーバー
訳: みはら いずみ
出版社: のら書店

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アリクイのアーサー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年12月
ISBN: 9784931129412

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アーサーは、やさしくて、おもいやりがあって、すばらしい息子です。でもときどき…。アリクイのアーサーの愛すべき毎日を、あたたかな文と絵で描いたおはなし。

ベストレビュー

こんな風に愛されたいの・・

 アリクイのお母さんと、その息子アーサーとの日常のちょっとしたやりとりが5話、描かれています。どちらかというと地味な絵本です。使われている色はピンクと黒、グレー、茶色のみ。大きな起承転結があるわけでなく、ハラハラドキドキすることもありません。でも、十年以上前、まだ小さかった娘はこの絵本が大好きでした。読み手である私にとっても、何か安心感があり、この絵本から得られるほっこりした感じを、家族で楽しんでいました。

 この絵本の魅力はなに?と改めて考えてみました。「うちの息子、こんなに困った子なんですよ〜」といいながら、アリクイのお母さんは、常にその息子に向き合っています。ユーモアと大人の対応を交えて。困った子にぶつぶつ言いながら、でも、まるごと受け入れてくれるお母さん。子どもはきっと、こういうお母さんや愛情を欲しているのでしょう。子どもは愛されたいのです、アーサーのように。そして、愛したいのです、アーサーのように。だから、この絵本が子どもの心をつかむのだろうなぁ・・と思いました。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

バーナード・ウェーバーさんのその他の作品

ワニのライルは会社のにんきもの / あたしのすきなもの、 なぁんだ? / アイラのおとまり / かねもちのいえのねこといえのないねこ / 勇気 / ワニのライルのクリスマス

みはら いずみさんのその他の作品

北極の宝もの / ねずみのオスカーとはるのおくりもの / モグラくんがみた おひさま / おじいちゃんとテオのすてきな庭 / 車りんのウィリー / 野はらの音楽家マヌエロ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > アリクイのアーサー

2月の新刊&オススメ絵本情報

アリクイのアーサー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット