新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
みみずのオッサン

みみずのオッサン

  • 絵本
作・絵: 長 新太
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2003年09月
ISBN: 9784494009442

6〜7歳 編集部おすすめ

関連するスペシャルコンテンツ


【長新太さん没後10年記念企画】永牟田律子さん(童心社)インタビュー


 【長新太没後10年記念連載】担当編集者&絵本作家インタビュー

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
ある日、ペンキ工場が爆発。流れ出たピンクやオレンジのペンキで町中はドロドロ。みな困り顔だ。その時、みみずのオッサンは現れる。ドロドロベタベタを食べ尽くし、あっという間にそれを養分を含んだ土に還してしまうのだ。素晴らしい!そんなオッサンの勇姿に子どもたちは「大人」を感じるのだった。
普通、オッサンは子どもに嫌われるがここに出てくるのは、かなりナイスなオッサン。ホラ、あなたの周りにもボーっと散歩しているだけのナンセンスなオッサンいませんか?人は見かけによらないもの。オッサンパワーは火事場で炸裂します!
みみずのオッサン

ベストレビュー

今度は長さん、みみずになったか

なまえが「オッサン」ですからねえ。なんだろうと思って読んでると、突如としてペンキ工場が爆発。どろどろべたべたで動かなくなってしまった世界。そのどろどろべたべたをもぐもぐ食べて、きれいなどろの世界に戻して?くれるんですね。このみみずさん。結局、ずっとむかしに戻ってしまうんですけど。只者じゃないみみずの話。
(ゆっきんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / きつねのぱんとねこのぱん / はねるのだいすき / 3さいだもん 新版 / ぼくの すきな おじさん / ひとりぼっちの動物園



2022年1月の新刊&おすすめ絵本

みみずのオッサン
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット