宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ねむいねむいねずみともりのおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねむいねむいねずみともりのおばけ

  • 絵本
作・絵: ささき まき
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥680 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年03月08日
ISBN: 9784569586991

3〜4歳から
B6判変型上製

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ねむいねむいねずみが、あやしげなもりにやってきました。木のかげからおばけがのぞいています。ねずみのくしゃみに、おくびょうなおばけが、泣きだしました。

ベストレビュー

かわいいおばけたち

このシリーズは、好きなお話もあるのですが、このおばけたちのお話しはちょっとあっけないように思いました。
森で眠っていたネズミのまわりにおばけがやってきて、みんなでネズミを驚かせるつもりだったようですが、ねずみのくしゃみで、反対におばけたちが驚いてしまったというお話でした。
おばけたちは、友達になりたかったの?
ネズミの夢がわかるのかな。
いつもお母さんの夢を見ているねずみは、どこまで旅を続けるのでしょうね。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ささき まきさんのその他の作品

そらとぶテーブル / おばけとぼく / ねむいねむいねずみのあまやどり / おばけがぞろぞろ / ねむいねむいねずみのうみのぼうけん / ねむいねむいねずみとなきむしぼうや



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

ねむいねむいねずみともりのおばけ

みんなの声(19人)

絵本の評価(3.9

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット