ねずみくんのきもち ねずみくんのきもち
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
いじめや自殺の多い今、「おもいやり」や「想像力」の大切さを教えてくれる、ねずみくんからこどもたちへのメッセージ。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ジローとぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジローとぼく

  • 絵本
作・絵: 大島 妙子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1999年06月
ISBN: 9784032320206

対象年齢:3・4歳から
25cm×19cm/32ページ

4〜5歳 編集部おすすめ

おはなし

ぼくはこいぬを拾いました。名前はジロー。
いつも一緒に寝ていましたが、ジローはどんどん大きくなりました。
そこでぼくとおとうさんは、庭に「ジローのいえ」を作りました。その夜、ジローとぼくは、はじめてはなればなれで寝ることに。ジローもぼくも眠れなくて、ぼくは一晩だけの約束でジローのいえで眠ります。
次の朝目が覚めると・・・ぼくはびっくり!
ジローとぼくが、入れ替わっているのです・・・!
ジローとぼく

出版社からの紹介

子犬をひろったぼくとジローの友情の物語絵本。ジローといっしょに犬小屋で寝たその翌朝、ジローとぼくが、なんと入れ替わっていたのです。

この人もおすすめしています

【田中パパ】
大好きな飼い犬「ジロー」と入れ替わってしまった「ぼく」が体験する不思議な一日。
全編、「ぼく」のモノローグなんだけど、仲良しのジローによせる視線や、犬の立場から見た家族の風景がなんとも温かくて懐かしくて心地いいんだなぁ。
視点が、犬の時は犬小屋から、ニンゲンの時は縁側のある居間から、というふうに使い分けられているのもすごく効果的。アリンコや庭先の金タライで冷やされているスイカなど、細かい日常の描写も伸び伸びと描かれている。

ベストレビュー

いぬのきもち ひとのきもち

ジローはぼくんちのいぬ。
あるあさ、なぜかぼくとジローがいれかわって・・・!


でも、ジローは何でもうれしそうにやる。
肩たたきも、いもうとと遊ぶのも。

犬もたいへんなんだね。
外で一人でねるのはさみしいよね。
人間もたいへんなんだよ。
宿題もあるしさ。

なんだかお互いにそうなぐさめあってるかのような二人です。

ジローのにたにたがおが面白くて思わず笑ってしまいます。

大島妙子さんの絵本は、いつも、ちょっと古くて(笑)、ちょうど私が子供だったころの風景が描かれます。
なんだかなつかしくて、大好きです。
(りらまいりらさん 30代・ママ 男の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / やぎこ先生 いちねんせい / 落語ねこ / ソフトクリームのソフトさん / なくのかな / かたあしの母すずめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

ジローとぼく

ママの声 50人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット