わたしたちのえほん わたしたちのえほん わたしたちのえほんの試し読みができます!
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
メイシーちゃんとにじいろのゆめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

メイシーちゃんとにじいろのゆめ

作・絵: ルーシー・カズンズ
訳: なぎ・ともこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「メイシーちゃんとにじいろのゆめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784032243000

対象年齢 幼児から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いろんな色の夢をみるメイシーちゃんと一緒に色の世界にひたるおおらかな大型絵本。絵本を読んだ後も夢が続いて、絵を描きたくなます。

ベストレビュー

「夢」と「想像」がとても楽しい絵本です

この本を購入した時は、息子は2歳になったころ、
メイシーが大好き、そして、おやすみなさいが大嫌いな息子に読んでみようと購入した本です。

この本は、各ページの文章が単調で短いので、
文章よりも各ページに描かれた 様々な「色」「お友達」「動物や物」「不思議」を使って
いかに親子で想像を膨らませるかが、この本を面白くする鍵みたいです。
そしてもちろん色や物の名前の練習、英語の勉強も遊びながら楽しめます。

読み初めのころは、単調な文章が寝る前の息子の眠気を誘ってくれるかと思ったたのですが・・・、
逆に(これは??)の質問攻めと(また読んで!)の催促の嵐・・・・
  それに・・・・この本の最後はメイシーちゃんは、「おはよう!」と目を覚ましてしまうのです・・・(笑)

ですから、我が家の息子のネンネの本にはなりませんでしたが、
各ページに「夢」があふれていて、メイシーちゃんのお友達もみんな出ています。
本のサイズも大きめで、子供の視界いっぱいにメイシーちゃんの「夢」が展開されていると思います。

楽しい時間を 親子でつくりすごすことの出来る絵本だと思います。

(裕クンのママさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルーシー・カズンズさんのその他の作品

ぼくはきつつきだから / メイシーのガーデニング / メイシーのおんがくバンド / メイシーのことばえほんあれなあに? / メイシーのたのしいいちにち / 新装版 ザザのちいさいおとうと

なぎ・ともこさんのその他の作品

メイシーちゃんのすすめすすめ! / メイシーちゃんのあたらしいおうち / ボードブック それゆけ!さかなくん! / メイシーちゃんのおさんぽ / メイシーちゃんの おおきい ちいさい / メイシーちゃんのえいごがいっぱい!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > メイシーちゃんとにじいろのゆめ

世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

メイシーちゃんとにじいろのゆめ

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット