なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ねずみとおうさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねずみとおうさま

  • 絵本
作: コロマ神父
絵: 土方 重巳
訳: 石井 桃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥640 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1953年12月10日
ISBN: 9784001151039

4.5歳以上

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

むかし,スペインの国に子どもの王さまがいました.はじめて歯のぬけた晩に,かしこいネズミのペレスがあらわれて,魔法で王さまを小さいネズミに変え,外へつれだします.

ベストレビュー

どう生きるか

6歳の長男の歯が抜け替わっている時期なので、読んでみました。

6歳にして王さまとなった主人公、初めて乳歯が抜けた晩、枕の下にその歯を入れて寝ると、夢のような不思議な体験をします。歯を取りにきたねずみの案内で、自分と同じような年頃の、しかし自分とはまったく異なる貧しい境遇の男の子の生活を知ってしまうのです。

この後、目覚めてから母が諭した言葉が印象的です。王に生まれたからには、民を幸せにしなければならない・・・ということを子供に分かる言葉で伝えています。

どう生きるか、誰のために生きるか、人生においてとても大切なことにそっと気づかせてくれる本です。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


土方 重巳さんのその他の作品

王さまのアイスクリーム / ブーフーウー

石井 桃子さんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 ちいさいおうち THE LITTLE HOUSE / イーヨーのあたらしいうち / プーのはちみつとり / プー あそびをはつめいする / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ねずみとおうさま

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット