ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

魔法のことば

魔法のことば

  • 絵本
絵: 柚木 沙弥郎
訳: 金関 寿夫
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※初版は2000年4月25日に刊行

作品情報

発行日: 2021年12月27日
ISBN: 9784834016659

自分で読むなら:小学低学年から
28×24cm/40ページ

出版社からの紹介

エスキモーの人々に伝わる一篇の詩をもとに生まれた、美しく、楽しく、そしてなんとも不思議な絵本。人と動物の区別がなかった大昔、みんなが同じことばをしゃべっていました。そのとき、ことばは、「魔法のことば」だったのです。ことばは、かつて霊的な魔力をもっていて、ことばを口に出して言うだけで、何かがおこりました。そんな、おおらかな生命力に満ちた世界が、シンプルで力強い絵と言葉で鮮やかに描かれています。

魔法のことば

魔法のことば

ベストレビュー

断然、読んでもらった方が楽しい作品です

楽しかった〜。面白かった!!
お話会で一緒にやっている先輩に読んでもらいました。
この絵本は、絶対一人読みするより、読んでもらった方が素敵です!!

柚木沙弥郎さんの絵がとっても合っていました。
元々はアメリカ・インディアンの口承史で紹介されていた「エスキモーの人々に伝わる詩」だそうです。
いや〜、奥の深い詩でした。
『なりたいとおもえば、人が動物にもなれたし 動物が人にもなれた』
昔話ではよく人や動物が変化しますもんね〜。

『ぐうぜん 口をついてでたことばが ふしぎな結果をおこすことがあった』
これは《言霊》のことでしょうか?
また最後がいいんです。
『世界はただ、そういうふうになっていたのだ』
なんか達観しているって、感じです。
あまり小さいお子さんだと、この絵本のよさがわからないと思いますので、小学校の高学年以上のお子さんたちにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柚木 沙弥郎さんのその他の作品

柚木沙弥郎 Tomorrow / 柚木沙弥郎 life・LIFE / 柚木沙弥郎のことば / 柚木沙弥郎との時間 / 柚木沙弥郎の染色 / 宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ

金関 寿夫さんのその他の作品

神々の母に捧げる詩 続 アメリカ・インディアンの詩 / 福音館文庫 人間だって空を飛べる / カニツンツン / アメリカ・インディアンはうたう / おれは歌だ おれはここを歩く アメリカ・インディアンの詩 / ハーメルンの笛ふき



愛を伝える絵本 レビューコンテスト

魔法のことば

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット