宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
パイがふたつあったおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パイがふたつあったおはなし

  • 絵本
作・絵: ビアトリクス・ポター
訳: いしい ももこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

※こちらは、2019年11月に装丁がリニューアルされた
新版となります

作品情報

発行日: 2019年11月01日
ISBN: 9784834084986

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ねこのリビーが犬のダッチェスをお茶会に招待しました。ねずみのパイを食べたくないダッチェスは、仔牛のパイとすり替えるため、リビーの家に忍び込みます。ねずみのパイが見当たらず、仕方なくオーブン上段に仔牛のパイを入れて戻ったダッチェスですが、実はねずみのパイはオーブン下段に入っていたのです……。クスッと笑ってしまう物語の背景には、ソーリー村に実在する家々、庭、小道などがそっくりそのまま描かれています。

ベストレビュー

主婦のみなさんぜひ読んでみて!

ねこの奥さんのリビーといぬの奥さんのダッチェスのお茶会のお話です。
ねこにとってはねずみのパイは好物だけどいぬにとっては。。。
安易な気持ちで誘いには乗らない方がいいのかもしれません,断る勇気も自分を守ることになるのかもしれません。
同じ主婦の立場から色々考えさせられる今回のお話でした。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビアトリクス・ポターさんのその他の作品

ずるいねこのおはなし / セシリ・パセリのわらべうた / こぶたのロビンソンのおはなし / アプリイ・ダプリイのわらべうた / こぶたのピグリン・ブランドのおはなし / ベンジャミン バニーのおはなし

いしい ももこさんのその他の作品

ピーターラビットのおはなし / モペットちゃんのおはなし / フロプシーのこどもたち  / こねこのトムのおはなし / ティギーおばさんのおはなし / あひるのジマイマのおはなし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

パイがふたつあったおはなし

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット