しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
リサとガスパール デパートのいちにち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リサとガスパール デパートのいちにち

  • 絵本
作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リサとガスパール デパートのいちにち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年11月
ISBN: 9784893092991

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

イヌみたいなウサギみたいな、ナゾのいきもの、リサとガスパール。
パリのデパート、ギャラリー・ラファエットのクリスマスショーに、デルフィーヌおばさんに連れられてやってきました。おばさんがチケットをもらいに行っている間に、二人はお休みで誰もいないデパートの中に迷い込みます。
「ちょっとだけなら・・・いいよね」
二人ははめをはずして遊びだしてしまいます。

出版社からの紹介

今日はクリスマス。
リサとガスパールは、おばさんと
いっしょにデパートへ。
おばさんに「待っててね」って
言われたのに、2人はおもちゃ売場へ…。
どうなっちゃうの!?

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
大人気シリーズの最新刊。しかも初の大型絵本で新発売です。クリスマスにおばさんとサーカスへ行くはずだったリサとガスパール。けれどもおばさんとはぐれ、道に迷って休日のデパートに潜り込んでしまいました。さあ誰もいないオモチャ売場や家具売場でふたりはやりたい放題。でもそのとき電気がついて・・・。という、子どもにとってはまさにワクワクドキドキのストーリー展開。うちのテルノもすっかりハマって「12月のお話し会はこれだネ!」と言っています。まさにいまが読みドキ。併せて、『リサとガスパールのクリスマス』も楽しめばバッチリあったまりますよ。BGMはもちろんBEATLESの『HELP!』で。

ベストレビュー

思いのままに!

リサとガスパールがとても楽しそうで思わず、自分でもその中にいるみ

たいに楽しく読めました。本来の子供って自由自在に子供同士ならこん

な感じなんだと感心して読みました。孫には、どうしても身体が不自由

なことを理由に勝手気ままにさせてあげてないと少し反省した私でした

絵がとても素敵で魅入ってしまいました。リサとガスパールはやっぱり

子供らしくていいなあって思いました。見守るってことを考えて行動し

たいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アン・グットマンさんのその他の作品

お世話遊びとボタンの練習 ペネロペのおうち ペネロペマスコット付き  / ペネロペとおむつのふたごちゃん / リサとガスパール とうきょうへいく / ペネロペといつもなかよし ベビーギフトセット / おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする / ペネロペのたのしいハロウィン

ゲオルグ・ハレンスレーベンさんのその他の作品

スマイル ペネロペのおみまい / ぬのえほんベビー ペネロペとあそぼう / ペネロペとハローキティ りんごケーキをつくる / ガスパールこいをする / リサとガスパールひらがな・ABC育脳カード / ペネロペしかけえほん(13) ペネロペびょういんへいく

石津 ちひろさんのその他の作品

かんぺきなこども / あるひ ありの アントニオくん / だいだいだいすき / おいも! / きょうがはじまる / すなのたね



トロッコでんしゃえほん『とろ とっと』 内田麟太郎さん・西村繁男さんインタビュー

リサとガスパール デパートのいちにち

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット